干し芋作り・・・・・・・

早朝の気温が0度近くまで下がり出すとサツマイモが傷み始めるので干し芋にして保存します。
サツマイモの保存には古屋の中に床下の土を掘った芋壺に入れておく方法もあるのですが、狭い所に潜り込んで行くのが面倒なので最近はしていません。(今回はこれを2回繰り返しました)
干し芋作りはまずサツマイモをせいろで50分くらい蒸して~皮を剥ぎ~スライスして~干すだけです。
ただこの作業が意外と時間がかかるのです。
大きなせいろで蒸すので釜の火力を保つため付きっきりで薪をくえなければいけません。
スライスするのも大変時間がかかり、全部干し終わるまでまる一日かかりました。
蒸しきれなかったサツマイモは生のまま干してヤギの餌にします。(写真上の中央)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

お山の宿 梨窪の家

Author:お山の宿 梨窪の家
  ・ ・ ・ ・ ・ 
農家民宿を営みながら里山での暮らしを書きとめてます。

質問とかありましたらコメントに書き込んで頂ければメールでお答えします。
         

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR