山ウド

山堀してきたウドを毎年少しずつ株分けして増やしていて、14本ほどに増えた株の中から半分の株からは立派なウドが収穫出来ます。
ウド畑には落ち葉を厚く敷きつめているのですが(30cmくらい)、写真のように芽が出た所へ更に落ち葉を被せてやります。
そしてまた芽を出したら落ち葉をかき分け根元を掘ってナイフで切れば、長さ35cmくらいの白くて綺麗な山ウドの収穫となります。
ウドはこれから2週間くらいの間収穫でき、そのあとは葉っぱの収穫が6月いっぱいまで楽しめます。

2015-04-13.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

山菜の王様!

「山育ち」なので、小さいころからウドが大好きです(^^ゞ

20年ほど前、知り合いが実生から育てた苗をもらって休耕田に数十株植えました。2~3年収穫できましたが、密植と施肥をサボったので肥料切れで枯れてしまいました。『肥料は鶏糞を毎年たっぷりやること』と言われていましたが、無精した結果でした。
毎年2m近く育つ「ウドの大木」ですので、相当な「大食い」なんですね(^^♪

山に行けば結構自生しているので、連休頃に採集に出かけますが、冬場には関東方面で栽培されたのをスーパーで買うこともあります。
料理法は専ら「ぬた」です。白みその割合がやや多い「合わせみそ」とたっぷりの「すりごま」と「みりん」で和えます。酢は好みで少々といったところです。開いた葉はてんぷらにしても風味が落ちないのが、タラの芽と違うところですね(^^)v
(タラの芽は、味噌和え以外はダメですね。天ぷらなんかにすると風味がすっかり無くなるので、「せっかくの山の幸がもったいない」と個人的には思うんですが(笑))
プロフィール

お山の宿 梨窪の家

Author:お山の宿 梨窪の家
  ・ ・ ・ ・ ・ 
農家民宿を営みながら里山での暮らしを書きとめてます。

質問とかありましたらコメントに書き込んで頂ければメールでお答えします。
         

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR