猿の腰掛

沢沿いで立ち枯れした木からサルノコシカケが生えているのを見つけました。
大きさは20cm以上あり、高さ1.5mの所に生えていました。
このくらいの高さに生えているとその名の由来がうなずけます。本当に猿が座っても大丈夫なくらい堅くてしっかりしています。
サルノコシカケは伐採後の切り株から生えているのは良く見かけるのですが、立ち枯れの木の結構高い所に生えているのはあまり見つけることが出来ませんでした。
とりあえずはこのままにしておいて、まだまだ大きくなるか見守ってみようと思います。
このサルノコシカケでも薬効はあるのでしょうか?・・・こらからボチボチ正式名称や薬効などについて調べて見ようと思います。

2015-01-12.jpg

2015/01/13
キノコの名前を図鑑とかで調べたら「コフキサルノコシカケ」と載っていますが、
最新の研究では「オオミノコフキタケ」と言う種類だそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

お山の宿 梨窪の家

Author:お山の宿 梨窪の家
  ・ ・ ・ ・ ・ 
農家民宿を営みながら里山での暮らしを書きとめてます。

質問とかありましたらコメントに書き込んで頂ければメールでお答えします。
         

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR