燻製

この冬二度目となる大雪が降り18cmほど積もりました。
12月にこんなに雪がたくさん降るのは自分の記憶では初めてだと思います。
そんなで積雪のため1日半ほど外作業が出来なかったので、数日前から仕込んでおいたイノシシ肉を燻製にすることにしました。
肉は冷凍保存してた1年前に捕ったイノシシの肩とモモの骨付きで、解凍してからピっクル液に(水・塩・コショー・薬味などを混ぜた液)4日間ほど漬け込んでいました。
燻製作りは薪ストーブの上で行い、燻に使う木材は梨窪の山で取れる山桜とリンゴの木を今回は利用しました。
イノシシ肉の燻製はしっかり熱を肉の内部まで通したいため、他の燻製にくらべかなり高温で焼くため、薪ストーブの上で温度を高めに一定に保つのは意外に大変で3時間ほど付きっきりで目が離せません。

今回作った燻製は塩分を少しおさえているので食べやすく美味しく仕上がりました。
今年のクリスマスはチキンじゃなくてシシとシャンパンとなりそうです!
(写真じゃ大きさがあまり分かりづらく鳥の足くらいに見えるかも知れませんが、一塊り1kg以上ありまして、生の時には2kgほどの大きな肉でした)

2014-12-24.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

お山の宿 梨窪の家

Author:お山の宿 梨窪の家
  ・ ・ ・ ・ ・ 
農家民宿を営みながら里山での暮らしを書きとめてます。

質問とかありましたらコメントに書き込んで頂ければメールでお答えします。
         

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR