年末押し迫って!



先日の積雪はMax20cmにもなりここ最近では一番の大雪となりましたが、その雪もアッと言う間に融けて畑や屋根の上に残るだけとなりました。

そんな大雪が降った日に、またまたイノシシがワナにかかりました。
3週間前に仕留めたイノシシとほぼ同じ場所で、またしてもなんです!・・・早すぎ!!!・・・。
今回のもまあまあ大きくて70kgほど有りました。この辺ではあまり見かけないイノシシだったので、交尾のこの時期にメスを探して遠くからやって来たのでしょう。

今日の大晦日は一日かけてこのイノシシを解体し各部位ごとに切り分けてブロック肉として冷凍保存する作業に追われそうです。

Wi-fi 設置しました



昨日より断続的に降り続いている雪は12cmほども積もり、12月の積雪としてはここ数年で一番だと思います。

そんな雪の降る日に徳島市の方から懐かしい友人が遊びに来てくれまして、夜はお酒を飲みながら盛り上がり、帰りがけに「宿泊に来てくれたお客様のために」とWi-fiを置いていってくれました。
これで梨窪の家もスマホやタブレットなどお持ちのお客様にインターネットを楽しんで頂けることになりました。
インターネット接続はADSLを使っているため速度はそんなに速くはないですが、ホームページを見るくらいでしたら何ら問題は無いと思います。

この雪が降るなか梨窪にやって来てくれた人がもう一人いまして、四国一人歩き旅の途中だと言う東京在住のK君です。
K君は室戸岬で初日の出を見るそうで、翌日雪の降るなか歩いて出発して行きました・・・スゴイ!!!。


キウイ



崩落していたキウイ棚を撤去し再生してから3年がたち、たくさんの実を付けてくれました。

例年だと11月末頃に収穫するのですが、今年は延びに延びて今頃の収穫となってしまいました。
自分はキウイをあまり食べないので、宿泊していただいたお客様に収穫していただきました。

もう一箇所にあるキウイ棚にはまだ少しキウイが残っていますので、お好きな方がいましたら自由にちぎってお持ち帰り頂けます。

初積雪



明け方前から降り出した雪はうっすらと積もっていたかと思うと、昼前にかけてアラレのような雪が降り続き5cmほどの積雪になりました。

はじめて雪を見る事であろうヤギ達が気になり外に出てみたら、白ヤギのタロウ君は雪の中で元気に歩き回り雪を食べたりしてました。
トカラヤギのパス君はと言いますと南方系のDNAのせいか寒そうにしてました。「はたしてこの冬を乗り越えられるのだろうか?・・・」パス君にとっては試練の冬となりそうです。

他の動物たちはと言いますと、ウサギは最も快適な季節のようで元気に走り回っています。
ニワトリ達は寒さが少しこたえるのか、食べた栄養を身体維持の方に使っているようで、卵はあまり産まなくなって来ました。

冬らしい季節はこれから3月に入るまでの間の二ヶ月半だけでして・・・四国の冬は短いなあ~。


焚き火にかけて



イノシシの骨を煮込んで豚骨スープならぬ猪骨スープを作ってみました。

具材には猪の足の骨とネギ、玉ネギ、ニンニクを入れ塩コショウで味を付け三日間ほど煮てます。
骨に付いた肉も多かったためかスープの色は茶色っぽくなりましたが、猪の香りがほのかにする濃厚なスープに仕上がりました。

猪の脂は身体を暖ためてくれるので、寒い日の野良仕事の合間に飲めば最高です!・・・なんとも言えず癖になりそうな味です。

シシ肉を



宿泊していただいたお客様にイノシシ肉の試食サービスを今季も開始します。
お一人様100gほどを焼いて食べていただくサービスとなりますが、もっとたくさん食べたいと言われるお客様には肉の分け売りもしています。

一般のお客様向けに肉だけの販売もいたしておりますのでお問い合わせ下さい。

写真はイノシシ肉をチャーシューに料理しています。
出来上がった猪チャーシューを薄切りにしてご飯に乗せて丼にして食べれば最高に美味です!・・・。
今回焼いたチャーシューは、イノシシを仕留めるのに手伝って頂いた方々にお礼に配ります。

巨大イノシシが!



雨が止んだ夕方に罠を見回りに行ったところイノシシが掛かっていたので、さっそく仕留める道具を取って来てイノシシに近づいて見たところ、その大きさにビックリ!!!・・・何事にもあまり動じない自分ですが、この時ばかりはイノシシの大きさと威圧感にビビってしまいました。

とてもじゃないけど一人で仕留められる相手じゃないので、知り合いの猟師さんに相談したら3人が手伝いに来てくれました。
猟師さん達が集まってくれた時にはすっかり暗くなっていて、鉄砲は使えないので「明日にしよう」と思っていたのですが、みなさんやる気満々でワイヤーとかロープだとか槍などで仕留める事となりました。

それにしても猟師魂と言うのはサスガでして、下手をすればイノシシの逆襲により4人全員大怪我では済まないかも知れないと言うのに、果敢に闘い無事仕留めることが出来ました。

暗い中での作業だったためイノシシの大きさはハッキリしなかったのですが、4人でイノシシを山から引きずり出すのがことのほか大変だったので100kg以上は軽く有るだろうと話してました。

今日は一日かけてイノシシを解体し、各部位ごとに冷凍庫に入れられるのは明日になるでしょう。

飛来した物体!



梨窪の道路脇にこんな物が落ちていました。

どこかのイベント会場で配られた風船が子供の手をすっぽ抜け、舞い上がり、北西の季節風に流されて飛んできたのでしょう。

「北西の方向だと広島だろうか?」とか「もしかして韓国?」だとか「風船を失った子供はせつなかっただろう」などと色々想像させてくれます。

息抜きに



民宿の事や、畑の事やら、山の事やらで1年中バタバタと過ごしていますが、今日は天気もいいし風も穏やかなので気分転換に塩塚高原に行って来ました。

四国には高原と呼ばれる所が数カ所有りますが、家から近くて高原気分を手軽に味わえるのは塩塚が一番だと思います。
前は年に数十度となく行っていたのですが、ここ最近は年に一~二度くらいしか行けてません。

今日の塩塚高原はすっかり晩秋の景色になっていまして、日陰には一週間くらい前に降った雪も残っていて、観光客の姿もほとんど無く静かで穏やかな高原気分を楽しめました。



愛宕柿



柿畑では西条柿は全部熟しきってすぼみかけ終わりを向かえていますが、愛宕柿は葉っぱを全部落としてはいるものの柔らかくなってはおらず収穫の適期です。

12月にも入り風もだいぶ冷たくなってきたので、愛宕柿を50個ほどちぎって来て干し柿にする事にしました。
今年は皮むきをチョット手抜きしてピーラーでやってみました。このあと5個ずつ紐にゆわえて軒先に吊せば完成です。

食べ頃は来年の2月頃でしょう。
今年も干し柿は150個ほど作る予定です。
プロフィール

お山の宿 梨窪の家

Author:お山の宿 梨窪の家
  ・ ・ ・ ・ ・ 
農家民宿を営みながら里山での暮らしを書きとめてます。

質問とかありましたらコメントに書き込んで頂ければメールでお答えします。
         

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR