秋から冬へ



梨窪周辺の紅葉もピークとなってきました。
先日には雨に混じって雪が降ったりして、冬がそこまで来てることを感じさせてくれます。
紅葉が終わる頃に向かいの山に雪が積もれば、紅葉した山に冠雪と言う最高の景色となります。

自分にとって冬は生まれた季節でもあるので、どちらかと言うと好きな季節でありまして、暑い時期より寒い時期の方が野良仕事も進みます。焚き火をする楽しみもありますし・・・。
畑仕事はほぼ一段落してますが山仕事はこれからですし、石垣の修復とか、寒風を利用した保存食作りとか、12月もやらないといけないことはいっぱいです。

これから冬の三ヶ月間梨窪は一年でいちばん静かな季節となります。
寒さがそんなに苦手じゃないと言う方は是非この時期にお越し頂けたらノンビリお過ごし頂けると思います。

ちょっとハードな!?



忙しかった農作業も少し落ち着いてきたのでヤギのパス君を散歩に連れて行ってやりました。

パスは最近ストレスがたまっているのか?大きな声でよく鳴くので(叫ぶと言うかオタケビのような)筋トレを兼ねてストレス発散のために走らせてやりました。

トレーニングは裏山の農道をスクーターで引っぱり、時速15kmで1時間ほど走らせましたら、さすがのパス君も息が上がっていたようで一日おとなしくしていました。

晴天の空に



土曜、日曜と連休は穏やかに晴れ渡り、そんな中となり町の美馬町では毎年恒例となっているパラグライダーの大会が開催されていたようです。

梨窪の正面に見える公園がパラグライダー大会の飛行コースのターンポイントになっていたようで、今年もたくさのパラが飛んで来ては旋回して飛んで行きました。

宿泊していただいたお客様からの情報で、昔一緒に飛んでた仲間も出場している事を知り、畑仕事の合間に一休みしながら探してみたら2機ほど確認できました。
そんな中、その昔自分にとって師匠であった、あの方の飛びっぷりは最高でした!!!・・・。

刈り取り



昨年より1ヶ月近く遅れてソバの刈り取りが始まりました。
遅れた理由は二つ有りまして、8月末の種まき時期に台風が続けてやって来たため種まきが2週間遅くなってしまったのと、刈り取り時期にユズの収穫が重なってしまいソバの方を後回しにしたためです。

今年のソバの出来具合はパットせず、種まきが遅かったことや、時間が無かったので種をスジ蒔きにはせずバラ蒔きにしてしまったため、苗どうしが混み合って成長が悪く実の付きが少ないようです。

今週中には刈り取りを終わらせて、来週中頃には何としてでも小麦を蒔かなければ!・・・。

季節の移ろい



10日間ほど続いたユズの収穫もほぼ終わって、あとは搾るのを少し残す程度となりました。

この10日間で気温もグッと低くなり紅葉の方もだいぶ進み、冬へと季節が少しずつ進んでいるのが実感出来ます。
上空を見上げれば秋の風と冬の寒気がぶつかり合って天気雨を降らせています。
時折雨に混じって白い物が?・・・雪のように見えるのですがススキの穂から飛んだ種かも知れません。

こんなに天気がハッキリしないうっとうしい日でも、紅葉した山に虹がかかれば気分が晴々します。

ユズ風呂



宿泊のお客様にユズ風呂のサービスを開始しました。

薪で沸かした風呂に約20個ほどのユズを浮かべてユズの香りを楽しんでいただけます。
サービス期間は12月中旬頃までの予定ですが、ユズが無くなり次第終了とさせていただきます。

ぜひこの機会にお越しになって下さい。

キウイ



今年もキウイがたくさん実を付けてくれたのですが、とりあえず少しだけ収穫して見ました。

キウイは収穫してもすぐには食べられないのが難点で、1ヶ月間くらいの追熟と言うのが必要なのです。
追熟はリンゴと一緒に置いておけば良いだけなのですが、要領が悪いのか香りとか甘さがそんなに良くならないのです・・・リンゴの種類とか数や温度が悪いのだろうか?・・・。

残りのキウイも今月中旬頃までには収穫しなければ・・・。

カメムシが



11月ともなれば虫の姿をほとんど見なくなるのですが、カメムシだけは家に集まってきます。
カメムシにとって人の住む家は、寒い冬を越すには絶好の冬眠の場所になるのでしょう。
サッシの隙間から家に忍び込んだカメムシはカーテンの中に入ったり、押入や家具の狭いところに入ってしまいます。一番困るのは干している洗濯物の中に潜り込んでいるのです。
カメムシは毒虫のように刺したりはしないのですが、うっかり触ったり、つぶしたりすれば悪臭を放つので、そっと捕まえては捕殺に追われる毎日です。

誰かが言ってたのですが「自然が豊かだから嫌な虫も多く、都会だといない」と・・・。

三連休には


たくさんのお客様にお越しいただきまして、ありがとうございました。

天気はそんなに良くなかったのですが昼間に雨が降ることもなく、梨窪の自然の中でノンビリお過ごしいただけました。

まもなく出荷用のユズの収穫が始まり、一ヶ月間ほど梨窪はユズの香りに包まれます。
その香りを楽しみにお越し頂ければと思います。
プロフィール

お山の宿 梨窪の家

Author:お山の宿 梨窪の家
  ・ ・ ・ ・ ・ 
農家民宿を営みながら里山での暮らしを書きとめてます。

質問とかありましたらコメントに書き込んで頂ければメールでお答えします。
         

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR