山フキ



先日農山村生活体験で来てくれた中学生達と一緒に採った山フキを煮込んで見ました。

1年分の保存食として3200gのフキを焚き火でじっくりと煮詰めて見ました。
焚き火による煮詰めは火加減が難しく(まだまだ慣れていないため)最後に薪を加えたのが強すぎて煮詰めすぎてしまいました。

味が濃くなってしまいましたが山フキ独特の強い香りはしっかり残り、何とも言いようのない野趣を感じさせる佃煮が2200gも出来ました。

とりあえず、すぐ食べるのはタッパーに入れて、残りはジッパクに小分けして冷凍保存すれば1年中味わえます。

セージ



小さなハーブ畑にはローズマリーやセージとかバジルなどを植えていて、バジルは小さな芽が発芽したばかりだけど、多年草であるセージは冬越しをして花をたくさん咲かせています。

セージは今のところあまり食べないので、もっぱら観賞用と言う所です。
セージの美味しい食べ方などを勉強しないと!?・・・。

山羊がやって来た!



この1週間と少しの間に修学旅行生が4校も連続で来ていただいたため、毎日がバタバタと過ぎていき、全員無事に農山村の生活体験を終えることができました。

そんな忙しい日が続く中日に少し離れた集落の方から連絡があり、「山羊がウロチョロしてるけどお宅のとは違うのか?」と電話をいただき、軽トラをぶっ飛ばして行ってみると畑の中で休んでる山羊がいました。

よく見ると2年前に梨窪から逃げてしまった山羊とは全然違った毛の色でした。
違う山羊とはいえ放っておくと畑の作物を食ってしまい周辺の方々が困るので、とりあえず梨窪に連れて行き飼い主が現れるまで飼う事にしました。

もし捨てられたのであれば飼い主は現れず、梨窪でずっと飼うことになります。

この山羊の名前は、滝の奥峠と言う場所で見つけたので峠と言う字から「パス」と名付けました。

ラッキョウ



まもなく収穫時期となりました。
花を咲かせてしまったけど、早めに摘んだ方が良かったのだろうか?
ニンニクとかは花茎を早めに摘み取るけど、ラッキョウは摘み取るのが良いのかとか参考書に書いていないのです。

まっ、いずれにしてももうすぐ収穫して、陰干ししてからラッキョウ漬けに漬け込みます。

去年漬け込んだのは味が今一だったので、今年はちゃんと勉強して漬け込みたいです。

修学旅行シーズン突入!



まず第一校目は大阪市の中心部の中学校から二人がやってきてくれました。

農山村での生活体験では薪割りや、鶏のエサ作りとエサやりや、畑で野菜の収穫と散水と草取りや、薪で風呂を沸かして入ったりなどと、我が家で日常的にしている作業を手伝ってもらいました。

大都会の真ん中で毎日生活している子供達にとって、まるで別世界である梨窪での一泊二日の生活はどのように見えたのでしょうか。

ウナギもじ



人生とは面白いもんで、ひょんな事から近くの町工場に行った時に
30年ほど前の友人にバッタリ会うことができました。

その工場には車の処分をお願いに行ったのですが、自分はまったく気づかなかったのだけど相手が僕のことを覚えていてくれて、懐かしく話ができました。
30年もたてばお互いに容姿とかずいぶん変わっているのに、よく気がついてくれたもんです!

帰りにウナギを捕るウナギもじを二つ譲ってくださいました。
この筒の中に大きなミミズ(カンタロウ)を針金で縛って入れ、それを川に沈めておけばウナギが捕れるはずです。
川の水温がもう少し高くなる6月から仕掛けて見ましょう。

廊下のリフォーム



廊下の床板が弱くなってきていたので「早く直さんといかんなあ」とずっと思っていて、今回やっと修理に取りかかることにしました。

リフォームは床板の上に新しいフローリングを張り重ねるだけの作業なんですが、出たり引っこんだりしている箇所が多くて意外と時間がかかり、5畳くらいの広さを1日がかりで張り終えました。

今週からいよいよ修学旅行シーズンに入ります。廊下も頑丈になったので元気な生徒達を心配なく迎える事が出来ます。

新しい仲間!



高松に行く用事があったので、ついでにペットショップを覗いてみたら、ミニウサギの雑種で売れ残ってしまったのか?かなり安くなっていたのが一匹いたので買って帰りました。(イチキュッパでした!)

このウサギは昨年の11月生まれのオスで、今飼っているヤマちゃんとほぼ同じ大きさです。
ヤマちゃんもオスなのでとりあえずは小屋を別々にして飼い、日数をかけて徐々に二匹を慣らして、やがては一緒に飼う予定です。
ペットショップの人には「ケンカするから一緒に飼うのは難しい」と言われました。

このウサギは白いので「ハク」と名付けました・・・ハクちゃんです!・・・ヨロシク。

来宿御礼!



ゴールデンウィーク中たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。

農家民宿としてオープンして2年が経っても、いつまでも不慣れな接客業なため皆様方に十分なお持てなしが出来なかったのでは反省しております。

一期一会とは言いますが、またいつの日か再会出来る日が有りますことを楽しみにしています。

GWは後半に



今年のゴールデンウィークは天気が良い日が多くて最高ですが、このところ少し気温が低いようです。
でも気温が低いおかげで空は澄みわたり、梨窪からの眺めは最高に気持ちが良いです。

連休後半も天気は良さそうなので、お越しいただいたお客様にはノンビリとお過ごし頂けるのではと思います。
プロフィール

お山の宿 梨窪の家

Author:お山の宿 梨窪の家
  ・ ・ ・ ・ ・ 
農家民宿を営みながら里山での暮らしを書きとめてます。

質問とかありましたらコメントに書き込んで頂ければメールでお答えします。
         

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR