しだれ桜



梨窪周辺では山桜が満開となっていて、ウッドデッキから見渡せば向かいの山も桜の花の色でモザイク模様のように見えます。

庭に植えているしだれ桜も、例年より2週間ほど早く満開となりました。

ゴボウ



土に埋めて保存していたゴボウを掘ってみたところ、新芽が伸びはじめていたので全部掘り上げました。

芽が伸びはじめたためこれ以上の保存は難しいと思い、切り干しにして保存する事にしました。
ゴボウの切り干しなんて見たことも聞いたことも無く、せっぱ詰まって思いついた事でして、はたしてどうなることやら???・・・。

タラの芽



例年だと4月になってワラビやイタドリが出はじめ、10日ごろからゼンマイや山フキが出て、そのあと15日ごろからタラの芽が収穫時期となるのですが、今年はタラの芽が一番に収穫時期に入りました。

どうしてなんだろう?・・・まっ、そんなことはヨシとして、とりあえず山菜一番乗りを食べてみる事にしました。

天然物のタラの芽はトゲだらけで野趣にとみ、天ぷらして食べれば「春が来た~!」って実感出来ました。

大根の菜花



鶏のエサにでもしようと思い昨年の秋遅めに種を蒔いた大根ですが、育ちが全然良くなかったのでほったらかしにしていたところ、大きくならないまま花芽を付け始めました。

大根はアブラナ科じゃないので、その花芽を食べるって事は聞いたことが有りませんが、見た目は意外と美味しそうなので食べてみることにしました。

サッと湯通しして冷水に上げ、自家製のユズポン酢をかけて食べて見たところ、大根葉独特の辛みが少しあり予想していた以上の美味でした。

チャーシューと呼べる?



1ヶ月ほど前に「大好物の焼き豚をイノシシ肉で作ったらどうだろう」と思いたち500gほど作ってみたら、想像していた以上に美味しかったので「今度イノシシが捕れたらまた作ろう」と思ってました。

その念願がかなって先日にイノシシが捕れたので、今回は2kgほど作ることにしました。
前回はガスコンロで作ったのですが、やっぱり「焚き火で作った方が絶対美味しいだろう?」と考え薪ストーブでトライしてみました。

薪ストーブでの料理は火力調節がかなり難しくて肉が焦げすぎてしまいました。
でも焚き火はガスよりも火力が肉の芯まで届くのが強いようで、焦がしてしまったけど美味しいイノシシチャーシューが出来ました。

お越しいただいたお客様に試食サービスします!

春めいて来ました!



春らしい写真です!

梨窪には数種類の桜の木があり、その中でも一番早く花を咲かせるのがこの彼岸桜です。
桜の花が咲き始めると「春が来たなあ~」って実感しますね~・・・。

桜の花が咲く頃から畑ではが色々な野菜の種を蒔く時期となるので、今週からタイミングを外さないように次から次へと種を蒔いて行かないと!・・・。
キャベツ・小松菜・太ネギ・ピーマン・トウガラシ・人参・春大根・なす・まだまだ色々・・・。

猟期最終日に!



徳島ではイノシシ猟の期間が11月15日から3月15日までとなっていて(都道府県によって違う)、その最終日になんと!・・イノシシがワナにかかっていました!・・夕方に確認したので体重や性別は確認していませんが、明日の午前中にはサバいてしまう予定です。

今シーズン梨窪で仕留めたイノシシは全部で3頭でして、その内イノシシ肉として利用できるサイズのは今回のを含めて2頭となったため、理想的な猟の成果となりました。

他の猟師の成果と合わせれば梨窪にやってきているイノシシはほぼやっつけれたと思うのですが、猟有会の人に聞けばイノシシはまだまだ増え続けているそうで「梨窪にいなくなっても、すぐまた遠くのイノシシがやってくる」だそうです。

ハクサイの菜花



今日からブログはこちらに替わりました。
替わったとは言ってもほとんど同じです!・・あえて言えば広告が無いのと、画像の保存容量が格段に上がったことくらいです。

先日にも言っていましたハクサイの菜花ですが、このところの暖かさのため(暑いくらい?)一気に芽吹き始めたため収穫したのですが、意外とその味は普通の菜花と同じでした。

やっぱり菜花はチンゲンサイが一番と言うことで決定です!
プロフィール

お山の宿 梨窪の家

Author:お山の宿 梨窪の家
  ・ ・ ・ ・ ・ 
農家民宿を営みながら里山での暮らしを書きとめてます。

質問とかありましたらコメントに書き込んで頂ければメールでお答えします。
         

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR